読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぬきち(仮)

神戸に住み、オールトの雲付近への移住を狙う意識高い発達障害ぼっち大学生 

【速報】藤井聡太三段、四段昇段(プロ入り)。渡辺明竜王以来の中学生プロ棋士に

藤井聡太三段(新四段)、史上最年少14歳2カ月でのプロ入り

9月3日、奨励会三段リーグの最終局で、初の女性プロ棋士(「女流棋士」ではなく)を目指す西山朋佳三段を破り、プロ入りを決める。
第59回奨励会三段リーグ戦、藤井四段は1位(13勝5敗)で一期抜け。

中学生棋士は5人目。彼は史上最年少である
すごい(確信

cf:第59回奨励会三段リーグ戦

賽は投げられた。

間違いなく、圧倒的な力で彼はプロ棋界を蹂躙していくだろう

藤井聡太 三段(新四段)? とは

強い。特に詰将棋にものすごく強い(詰将棋選手権2年連続優勝)。
愛知県出身。振り飛車党の杉本昌隆七段門下。

だがその他一切のことはわかりません!

中学生棋士たちの活躍

これまでの中学生棋士は、四人。言うまでもないかも、だが紹介しておこうか

加藤一二三 九段

「うひょー」


タイトル通算8期。
76歳現役、将棋界のレジェンド。藤井四段誕生前までは、彼が最年少棋士の記録保持者だった。

谷川浩司 九段

「私の座る場所が無い!」
「1年間、名人位を預からせて頂きます」
「若々しさ、解き放つ」


タイトル通算27期。

羽生世代の憧れで将棋連盟会長。羽生さんがアカギなら蘇我ポジションか?羽生さんを恨んでるなんてこと無いと思うけど。
永世名人

羽生善治 三冠

「おまえら、もし地球に将棋星人が攻めてきて、向こうの大将と
地球代表が将棋一番勝負で対決し、負けたら植民地にされる
という事態になったら、地球代表は絶対羽生でないとイヤだろ?
深浦でもいいのか?深浦に地球の命運を託せるのか?
羽生をけなしてるやつは地球規模で考えるんだ」


この方ほど華のある棋士はいないでしょうよ…
タイトル通算95期。

渡辺明 竜王

「私は下馬評を裏切るだろう」


タイトル通算17期。
ヒール系棋士
羽生三冠の永世竜王を阻止した竜王戦は伝説。
永世竜王


. 藤井くんは…もはや、語るまい…

加藤一二三九段との対戦は実現する?

多くの将棋ファンが気になっているのがこれだろう。 同じく中学生棋士であり、レジェンド大天才、近年はタレントとしても活躍中のひふみん(加藤一二三九段)との最年長vs最年少対決の実現可能性はあるのだろうか。


.

で、それについて。今期はどこかの棋戦で戦えるかもしれないが、何らかの改竄が無い限りは当たるのは難しい…。
が、来期も加藤一二三九段が順位戦C2に残留していたら確実に戦える。基本的に、加藤九段の残留いかんで対局の可能性が出てくるということです。

加藤九段の近状について。 2014年度、現状の最年少棋士である、天才・増田康宏四段を破る大金星を上げて以来…
怒涛の23連敗が続いていた。2015年度は0勝。
しかし、今年度は竜王戦昇級者決定戦(いわゆる裏街道)で2勝のほか、
順位戦で若手強豪の八代弥五段にまさかの一発を食わせるなど、まだまだその力を存分に振るっている。余談だが、Twitterによると加藤九段は八代五段の存在を把握していなかったと。なんということだ。
加藤九段の残りの対戦相手はこんな感じ。

 【第75期順位戦C級2組】(中位17名) ◎昇級3名 ▲降級点10名
位 棋  士  名 勝 敗 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 6回戦 7回戦 8回戦 9回戦 10回戦 11回戦

45 加藤一二三 1-1 ─── ●長岡 ○八代 先渡正 _髙野 先神崎 _桐山 _中村 先石田 _村田 先上村 △△  

以下、いやらしい話になってしまう。

加藤九段は、降級点が2つあるので、今期降級点を取ると引退となってしまう。
さらに、前期全敗のため順位は低い。とはいえ、4勝6敗ならおそらくおk(´・ω・`)

*

残りの対戦相手…厳しい当たりでは全然ない。八代五段に一発入れたのが大きく、残留も十分あると思う。

vs新進気鋭の若手:高野四段(5回戦)・石田四段(9回戦)

棒銀を主な武器とする加藤九段は、ノーマル四間飛車に苦しんでいる。しかし…今の若い子はノーマル四間飛車の急戦定跡がわからないとか。
加藤九段のたぐいまれな実績で、若手にもう一発入れる。あると思います。

雷切使え

vs中堅棋士たち:渡辺正五段(4回戦)・中村六段(8回戦) ・村田六段(10回戦)

彼らも手ごわいが、勝つしかない。

vs発展途上の棋士:上村四段(11回戦)

上村四段は加藤九段が連敗を23で止めた、因縁の相手である。しかも最終局。ここでドラマが生まれかねない展開になる…かも。

vsベテラン:神崎八段(6回戦)・桐山九段(7回戦)

山九段はタイトル経験もある実力者。だが…ここは勝っておきたい。ベテラン同士の方が、昭和のころから戦いなれた戦型に進みやすく、戦いやすいと思われる。
神崎八段も居飛車党だし、勝ちそうぴよ

欲を言えば指し分けで降級点を消してほしいけど
さて、どうなる

しかし、こんなに早くプロになる日が来るとは思わなかった。加藤九段との対決も正直無いだろうと思っていたが、あってもおかしくない状況。伝説になるだろうから、日本将棋連盟はなんとかして公式の対局を設定してほしい、とも思う。でもできれば順位戦で見たい。

大橋貴洸三段

彼も、藤井くんと共にプロ入りを決めた。がんばってください。大橋新四段は去年新人王戦の決勝まで進んだ。藤井くんより10歳年上。

新四段誕生のお知らせ *藤井聡太(史上最年少四段)・大橋貴洸 | お知らせ|お知らせ・イベント情報:日本将棋連盟

<将棋>ビッグな新星誕生 藤井新四段 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース