元天才発達障害ぼっち大学生の頭の中

ガヴリエル オールトの雲付近への移住を狙う意識高い発達障害ぼっち大学生 

女の子のラインを聞けなかった時の虚しさは異常

それも中途半端にやってしまうと余計に,中途半端にやって残って終バスとかギリギリ逃すような でもラインも聞いてない
だが,ラインというのは関係性の中で自然に交換されるものであってライン交換の言い訳とか考えてる時点でもうそれはどこかおかしい気がするんですよ
ですがこれは言い訳だろう.ひとまずラインさえ聞いてあとは自分自身が原始棒銀とかして攻めダルマになり女の子を一気に詰ます恋もあるだろう
つまりですね…それができなかったぼくは無能ということだ