元天才発達障害ぼっち大学生の頭の中

ガヴリエル オールトの雲付近への移住を狙う意識高い発達障害ぼっち大学生 

ああ 男の人っていくつも愛をもっているのね

また、重要なのは、知り合った女の子全てを彼女にする気で行動することだ。

 
私の場合、男子校出身者特有の免疫の無さが幸い、よっぽどでなければ恋愛対象外にはならないので(ただし、行動する気が起きるかは相手のタイプによるのだが…)、誰もを狙っている
平均的大学生なら、女の子の知り合いは、二桁行っているんだろう。しかし我々は違う。しかし、それでも。皆を狙えば、恋愛対象の数は十分形だ。
 
女の子の頭数が少ない者でも、上記で挙げたのどれかから、それぞれ1人ずつでいいから、ライン交換する程度の知り合いの女の子を作って、彼女らと仲良くなる作業を行っていくべきだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私は、後期から実践を行おうと思っている。
目標は、クリスマスデートだ。
実際に彼女を作って、私の理論の正しさを証明し、それをいつの日かここに記そうと思っている。
経過もこちらに書くかもしれない
 
 
 
後期が、楽しみだ。
バイトに授業に…女の子と様々な接点。まさに「大学生」ではないか。