エロ綜合

ガヴリエル オーストリアへの移住を狙う意識高い発達障害ぼっち大学生 

なんj民の「牛丼ガイジ」批判が嫉妬以外の何者でもない件

大東京ビンボー生活マニュアル、という漫画の主人公「コースケ」のことで,ガ○ジという言葉は使いたくなかったがこの場合固有名詞として定着してしまっているので仕方がない
本日ついに原著をブックオフで発見したのだが


・何気なく入った小学校で懸垂36回(自衛隊レベル)を披露し、小学生に拍手してもらえる

・医学部志望の五浪に数学でアドバイスできる

・競輪をやれば絶対当たる

・大食い大会優勝で寿司無料

・生きているだけであらゆる人から愛される(テイクアンドテイク隣の学生、賢い可愛い性格神の彼女、春の使者、カツ丼ただ、見ず知らずのおでん屋におでん、大家、お好み焼き、自転車、サラリーマンにしょーが茶漬けを羨ましがられる、わけわからん知り合いから鰻丼を奢られる、トラック運転手から缶ジュースを貰う、不法侵入仲間にビールをただでもらえる、絶対に損をしない、いきなり出会った人にパンを大量に貰う、コロッケ(60円)を貧困小学生のカール(70円分くらい残っている)と交換してあげる、町内の草野球に呼ばれる、など枚挙にいとまがない)

・プール無料

・敬語が使えてありがとうも言える

・「コースケくんのこと、あたし結構好きだったんだ」

ふざけた見た目なのに自分が得られなかった者を全て牛ガイが持っている事が悔しいだけだろうよ
嫉妬でしか無い件について

実はこの漫画は作者の実体験が元(全てのキャラにモデルがいる)説があります。
現実では全ての登場人物のモデルたちとは作者が一方的に知っているだけで会話をしたことは無い(作者がお好み焼き屋や美容室に行くたびに「こうだったらいいな」という妄想)、「彼女(ひろ子さん)」は「隣の学生」の彼女で漫画の設定は横恋慕の産物説、隣の学生からはバター盗まれたりしていた説とか作者が母親を脳内で勝手に彼女に置き換えてる説、
果てはコースケは実は48歳無職童貞友達0人糖尿病の植物人間で、物語のあまりにも都合のいい世界は全て彼が見ている夢だったというひどい説までありますが、、それこそ説を考えた人のアルティメット嫉妬でしょう 私には義務がある。コースケさんと作者の前原つかさ氏に嫉妬し勝手に自分の位までおとしめる方々と戦う義務が

個人的にはバブル時代にミニマリストという現代にも通ずるきままで理想的な生活を標榜していたのがすごいと思いました(こなみかん) コースケさんインテリだし…